トップへ

運営について

主催

桑芸祭は、札幌市立大学の学生による任意団体である「札幌市立大学大学祭実行委員会」が主催しています。

運営組織

桑芸祭の運営は、札幌市立大学大学祭実行委員会をメインとした、各キャンパスの実行委員会によって運営されています。
桑芸祭を運営する仕事は多岐にわたり、企画の立案から、制作、当日の運営、さらには渉外まで、あらゆる業務を行なっています。
また、各キャンパスごとに実行委員会や、制作チームを組織し、それぞれの役割を明確化するとともに、横のつながりを強化し、よりフレキシブルな運営を進めています。

デザイン学部

芸術の森キャンパスでは、今年度より組織体制を刷新します。

制作チーム

それぞれの企画を立案、実際につくり、運営していくチームです。桑芸祭のディテールをつくりあげるのがお仕事です。
各企画ごとにグループを組み、その企画の制作に集中できるような体制を整えます。
また、グループには実行委員として登録している人でなくとも、いつでも、だれでも、参加することができます。
なので、都合の良いタイミングだけとか、興味を持った複数のグループに参加することも可能です。
制作チームという枠組みは、決して協力者を囲い込むものではなく、積極的にあらゆる人に桑芸祭を創り上げるそのお手伝いをしてくれる人を受け入れるための、プラットフォームです。

事務局

全体を見守り、ひとつのイベントとしてまとまりを創り出すチームです。桑芸祭のフレームをつくりだすのがお仕事です。
桑芸祭というイベントの全体をコーディネートしていき、桑芸祭という空気感を生み出すためのプランニングを制作チームと協力しながら行います。
また、広報や、各プロジェクトのマネジメント、全体の統括とスケジューリングなど、管理部門的な業務もあります。
制作チームから、管理部門やコーディネートを切り離すことで、桑芸祭全体の進行をスムーズに進める体制を整えます。
事務局では、上記のようなお仕事を行うので、桑芸祭ってもっとこんな風になればいいのに…。などを実際に形にしたい方や、いろんなメディアを使った広報をしてみたい方をお待ちしています。

看護学部

桑園キャンパスは、桑園キャンパス実行委員会によって運営しています。
実行委員会内でも、各企画・イベントごとに部署を分け、集中的にそれぞれの企画に取り組んでいます。
言ってみれば、芸術の森キャンパスで例えると、制作チーム+事務局で、一体となっているという感じです。
実行委員会全体で、ひとつのイベントを創り出し、当日の運営まで行うので、桑芸祭をつくりあげるその実感をたくさん味わうことができます。

各部署連絡先

各セクションごとの連絡先一覧です。ご連絡の際、本学学生は「学籍番号とお名前」を記入していただけると幸いです。

両学部共通

桑芸祭全体について・担当部署・担当キャンパスが不明の場合
info@sougeisai.com
協賛について
sponsor@sougeisai.com
本公式Webサイトについて(不具合等)
admin@sougeisai.com

デザイン学部・芸術の森

全般について・担当部署が不明の場合
design@sougeisai.com
事務局長直通メール
mikawa@sougeisai.com
広報全般について
ge.pr@sougeisai.com
アートマーケット
artmarket@sougeisai.com
アイデアコンペティション
icon@sougeisai.com
ショーケース(旧アリーナ)
ge.show@sougeisai.com

看護学部・桑園

全般について・担当部署が不明の場合
nursing@sougeisai.com
委員長直通メール
konda@sougeisai.com
広報全般について
so.pr@sougeisai.com
RETURN